ある男性の投稿が話題。タクシーのおっちゃんが語ってくれた内容に涙腺崩壊・・・。

とある男性がタクシーに乗った際に、運転手のおっちゃんが話してくれた内容のツイートが話題となりました。

その泣ける内容とは!?


スポンサーリンク

あるおっちゃんとの話。

話題となった投稿がこちらです。


出典:ついっぷるトレンド


出典:ついっぷるトレンド


出典:ついっぷるトレンド


出典:ついっぷるトレンド

スポンサーリンク

この投稿にあるように、当たり前に身近にいる人ほど、その人のありがたみを忘れてしまいますよね・・・

そして、その人がいなくなって、初めてその人のありがたみを感じます。

その後、たいていは「その人のことをもっと大切にしてあげられていたら」と思うのではないでしょうか?

皆さんも身近にいる人のありがたみを感じながら、ごすとまた違った接し方が出来るのと思います。

歩ける。言葉が話せる。友達に会える。――全ての「当たり前」が、実はすごく幸せなこと。

中学三年生のとき、脳卒中で倒れたと語る女性(18歳)。

無事に手術が成功し、一命は取り留めましたが、それまで当たり前にできていたこと全てを失っていました。

食べることも話すことも、寝返りを打つことも立つこともできず、生きられることへの感謝と共に、焦りも感じていたと言います。

しかし、それでも前向きにリハビリに取り組むことで、一つひとつできることが増えてゆきました。

日を経るごとに、それまで感じたことのなかった幸せを感じるようになったと言います。

普段できて当たり前と思っていることは、決して当たり前ではないということを思い知らされますね・・・。

まとめ

課題や仕事に追われて過ぎてゆく日々の中で、身近にいる人のありがたみや、不自由なく生活できるありがたみを常に持ち続けることはなかなか難しいですよね。

もう一度、その当たり前の存在を再確認してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする