女性の顔に催涙スプレーで逮捕・内田吉信容疑者の顔写真は?女性の胸を触ろうと…

2017年8月、東京・北区の路上で、女性の顔に催涙スプレーを吹きかけた38歳の男が逮捕されました。

普通の路上で起きた事件、かなり恐ろしいです・・・。

スポンサーリンク



事件の概要

警視庁によると、飲食店店長の内田吉信容疑者は去年8月、北区赤羽で、道路の縁石に座っていた20代の会社員女性に背後から近付き、顔に催涙スプレーを吹き付けた疑いが持たれている。

女性は目の痛みを訴えるなど軽いケガをした。内田容疑者はスプレーをかけた後、女性の胸を触ろうとしたが、女性が「やめて」と声をあげたため、バイクで逃走したという。

出典:Nippon News Network

犯行に及んだ理由について、内田容疑者は

催涙スプレーをかけて目が見えないようにしてから胸を触ろうと思った

出典:Nippon News Network

と容疑を認めているようです。

内田吉信容疑者の顔写真は?

内田容疑者の逮捕時の顔写真はこちらです。


出典:Nippon News Network

Facebookアカウントも検索してみましたが、内田容疑者のものだと特定するに至りませんでした。

現在で分かっていることは、38歳の飲食店店長ということだけですね。

今後、分かり次第追記していきます。

スポンサーリンク



事件現場

今回の事件の現場となった東京都北区赤羽はここです。

事件が起こったのはこの辺りのようです。

出典:Nippon News Network

この辺りの縁石に座っていて、催涙スプレーをかけられたようです。

出典:Nippon News Network

こんな人通りの多い普通の道路で、今回のような悪質な事件が起きるなんて誰も予想できないですよね。

被害者の女性は催涙スプレーをかけられた瞬間、しばらく目を開けられんほど激痛だったのだと思います。

内田容疑者の行動が未だに信じられません。

ネットの反応

・催涙スプレーって、もともと腕力でかなわない女性の犯罪者撃退グッズとして販売されたものなのに、こういうやつが購入する危険性もあるんだよなぁ。

・38歳??” どんな大人としての道を歩いて来たのだろうか???”痴漢” ワイセツ 傷害罪”で顔出し名前出しでは先が無いぞ。

・発想がもぅ。。。これは親の顔も本人も公開すべき!

・風俗嬢様が私達がいなくなったら性犯罪が増える!って主張してるけど実際性犯罪多すぎなんですが

・こういうのニュースにするとアホが真似しちゃうよー!

・触りたかったら、風俗に行きなさい。

なぜこのような性犯罪は減らないのでしょうか?

性犯罪に対しての罪の軽さに原因があるのかもしれませんね。

性犯罪の中で最も重い強姦罪でさえ五年もすれば大半が出所できるのが現状です。

もし罪がもっと重くなり、再犯を防ぐような適切な処置が施されたら世間の性犯罪に対する意識が高まり、性犯罪減少に繋がるかもしれませんね。

いずれにせよ、女性も安心して暮らせる社会を作っていきたいものです。

スポンサーリンク



ホームに戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする